若者が大人になる瞬間捉えた ジェイン・オースティン「高慢と偏見」

桜庭一樹が読む

“金持ちの独身男性はみんな花嫁募集中にちがいない。これは世間一般に認められた真理である。”

というインパクトある書き出しで始まる本書は、一人の独身女性が紆余(うよ)曲折を経て玉の輿(こし)に乗るまでの物語。共感できる性質のヒロインが、ライバルや階級差という社会の壁と闘い、ついに恋の勝利を収める――。ハーレクイン小説や少女漫画の恋愛ストーリーの原型としても、あまりにも有名だ。

一方で、わたしからすると気後れするような超インテリの男性にも、ジェイナイト(著者の熱烈な読者)が随分たくさんいる。それについて長年、じつは「なぜだろう?」と思っていた。

オースティンは一七七五年イングランド南部生まれ。のどかな摂政時代(リージェンシー)的な田舎町を舞台に、若い女性を主人公にした、恋と結婚にまつわる物語を多く書いた。本書はその中でも、「完璧な小説」とまで評される堂々たる代表作だ。

エリザベスは五人姉妹の次女。明るい性格で、頭がよいぶんちょっと皮肉屋でもある。彼女はある日、若き大地主ダーシーと出会うが、彼の態度や行動は傲慢(ごうまん)でひどいものだった。エリザベスは憤り、社会的な立場や性別を気にせずに、彼に堂々と意見する。

物語は見事な人物配置と展開で紆余曲折する。やがてエリザベスはダーシーへの誤解に気づき、謝罪。さらに紆余曲折して二人は婚約に至るのだが、この物語が普遍性を得たのは、まずエリザベスとダーシーが“高慢(プライド)”、つまり自分の意思を持っていること。つぎに“偏見”を捨てて他者を理解し、変わろうとしたこと。この二点が、青春という眩(まぶ)しい季節の中で描かれるからだと、わたしは思う。

自分を持つことも、他者を受け入れることも、我々にはなかなか難しい。これは二人の若者が大人になるブレイクスルーの瞬間を見事に捉えた成長小説(ビルドゥングスロマン)であり、だからこそ世界中のジェイナイトは、いまこの時も熱狂をやめないのだ。=朝日新聞2019年9月21日掲載

桜庭一樹さんといえば、『私の男』と『赤朽葉家の伝説』を読んだことがあります。

管理人はミスオタでもあり、この本2冊は話題になっているなーと手にしたのですが、残念ながら、わたしの感性にはなかなか合わず…

created by Rinker
¥734 (2020/06/03 06:50:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2020/06/03 06:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

内容として『私の男』のほうは楽しみました…!映画作品も見ましたが、本のほうがよかったかな。とはいえ、これはミステリーだろうか?という疑問が常につきまとました。

そして、次に読んだのが『赤朽葉家の伝説』。

こちらは内容を理解するのも放棄したような…今となっては内容も覚えていないという体たらくです。

ともあれ、この解説読んで、桜庭一樹さんはあまり『高慢と偏見』が好きではないのだろうな、と感じました。嫌いではないだろうけれど、好きでもない、と。読んでみたけれど、そんなに熱狂する作品だろうか、と。

考えてみれば、彼女の作風と大きく異なりますものね…!

でも、そういう見方もあって面白い。

久しぶりに桜庭一樹さんの作品を何か読みたくなりました。

created by Rinker
集英社
¥1,760 (2020/06/03 06:50:36時点 Amazon調べ-詳細)